水の庭

モネはいつも水に映る光と雲の反射の織り成すあやに惹かれていました。 アルジャントゥイユやオランダの水路に構えた一時的なアトリエで描いた多数の絵画には、彼が水面に逆さまに映る反射を愛したことが反映されています。 1893年、クロ・ノルマン(ノルマンディ風囲い庭)の奥、鉄道線路の反対側にあった土地を購入し、エプト川の小さな支流リュ川を迂回させて引き込みました。 こうして創られた池が「水の庭」となり、今日も世界中の主要美術館に展示されているのです。

クロ・ノルマンの中央通路の延長線上に、日本風の橋を作りました。おそらく浮世絵からヒントを得たものですが、日本で伝統的に用いられる朱色とは違い、緑色に彩色されています。 東洋風の雰囲気は、竹、銀杏、楓、日本の牡丹、百合、ポプラなどの植物が選ばれていることからも生み出され、池を素晴らしく縁取っています。 そして、池の奥にモネは睡蓮を植えるのです。 私は水が好きだが、花も好きだ。 だから、水を湛えた池、これを植物で覆おうと考えた。 カタログを手に取り、朝早いうちに決めた。それだけだ。

モネは自分の「水の庭」をとても自慢に思っており、友人たちをここに招き、何時間も愛でて過ごすほどでした。 フルタイムでメンテナンスを請け負う庭師がいて、完璧な美を保つよう、枯れた葉を1枚1枚切っていました。

1897年、モネは『睡蓮』を描き始めます。 空が映った水面にカラフルな色斑が浮かぶこの雰囲気を再現しようとして、モネは自身の最高傑作の1つとなるものを描き、自身の作品を抽象画の限界にまで押しやり、色彩のゆらめきだけで感覚と感情の世界を表現することになるのです。現在は、『睡蓮』連作をパリのオランジュリー美術館、そして世界中の多くの美術館で鑑賞することができます。

さらに詳しい情報:
// オランジュリー美術館
// かつてのジヴェルニー

  • image
  • image
  • image
  • image