クロード ・ モネ

モネは1883年にジヴェルニーに居を構えました。 放置されていたこの土地の手入れを飽くことなく続け、花のあふれる芸術的な庭に作り上げ、ここから着想を得て多数の素晴らしい作品を生み出したのです。 モネは自分の庭で描く画家でありましたが、世界中に、長期制作旅行に出かける画家でもありました。 とはいえ、実際にはあまり遠くにいたわけではありません。 手紙をしたためることで、家族や花々に気を配っていたのです。 友人や崇拝者らが頻繁にジヴェルニーを訪れるので、ここが彼の中心的な居場所となっていきました。 1926年に亡くなるまで、画家であり、父親であり、庭師であり、1人の人間だったモネは、ジヴェルニーを離れることはありませんでした。