クロード・モネは1883年から1926年にかけての43年間、ジヴェルニーの家に暮らしていました。 庭作りと色彩をこよなく愛した彼は、花いっぱいの庭と水の庭を芸術作品のように設計しました。 彼の庭と家の中を歩くと、見学者は今でも、印象派の巨匠の自宅に満ちていた空気を感じ、花々の構成や彼のいちばんの創造の源だった睡蓮の前で驚嘆します。